第16回 コールセンター/CRM デモ&コンファレンス in 大阪

事例&ソリューションセミナー【会場A】

会場: セミナー会場A

6月23日(木)
A-2
10:30
|
11:15

顧客体験を最大化する攻めの次世代コンタクトセンター実現に必要なこと

 

トレジャーデータ
マーケティング
マネージャー
小林 広紀 氏


多様化する顧客ニーズ、複雑化するチャネルを背景に、企業は、電話・チャットからWebやアプリに至るまで、様々な顧客接点を包括的に管理し、顧客体験の向上を図る組織として、コンタクトセンターを変革することが求められています。「Treasure  Data  CDP  for Contact  Center」は、戦略的にコンタクトセンターやコールセンターを運営し、DXを目指す組織向けに開発されました。次世代コンタクトセンターにCDPがなぜ必要なのか、わかりやすくご紹介します。

 

[講師プロフィール]

1999年、常陽銀行に入行し法人営業に従事。その後、スノーボードメーカー、Gentemstickの経営に株主として参画する。2008年よりビックカメラ経営企画部で計数管理業務や子会社設立に参画したのち、楽天にてECコンサルタントを経て、2016年にビックカメラに復籍。ビックカメラと東芝の合弁会社代表兼アップルソリューション事業部長を務める。企業間でのデータ連携を強く実感し、2018年4月より現職。

無料
事前登録受付終了
※直接会場にお越し下さい。当日空席があればご案内致します。


A-3
11:35
|
12:20

クレジットカード決済を取り扱うMOTO/通販加盟店向け
最新の決済端末へのリプレースによる 【業務効率 爆上げとコスト削減 最新事例】

 

リンク
セキュリティプラットフォーム事業部
事業部長
滝村 享嗣 氏


タブレット端末やテンキーによる決済サービスを導入されたMOTO/通販加盟店のコールセンターでは、入力作業でお客さまをお待たせしたり、クレジットカード番号の聞き間違えなど、さまざまな課題が発生している、と伺っています。
本セミナーでは3000台を超える導入実績を持つ「Pay TG」をさらに進化させた『Smart TG』の導入による業務効率化とコスト削減に成功した最新事例を紹介します。

 

[講師プロフィール]

・群馬県高崎市 出身
・1997年 英会話学校(校長)
・1999年 東証1部上場の商社(情報通信系サービス 営業企画)
・2000年 ITベンチャー(営業責任者)
・2008年 ソフトウエアベンチャー(営業/マーケティング/財務責任者)
・2011年 株式会社リンク (現任)

無料
事前登録受付終了
※直接会場にお越し下さい。当日空席があればご案内致します。


A-4
12:45
|
13:30

顧客体験を最大化する攻めの次世代コンタクトセンター実現に必要なこと

 

トレジャーデータ
マーケティング
マネージャー
小林 広紀 氏


多様化する顧客ニーズ、複雑化するチャネルを背景に、企業は、電話・チャットからWebやアプリに至るまで、様々な顧客接点を包括的に管理し、顧客体験の向上を図る組織として、コンタクトセンターを変革することが求められています。「Treasure  Data  CDP  for Contact  Center」は、戦略的にコンタクトセンターやコールセンターを運営し、DXを目指す組織向けに開発されました。次世代コンタクトセンターにCDPがなぜ必要なのか、わかりやすくご紹介します。
 

[講師プロフィール]

1999年、常陽銀行に入行し法人営業に従事。その後、スノーボードメーカー、Gentemstickの経営に株主として参画する。2008年よりビックカメラ経営企画部で計数管理業務や子会社設立に参画したのち、楽天にてECコンサルタントを経て、2016年にビックカメラに復籍。ビックカメラと東芝の合弁会社代表兼アップルソリューション事業部長を務める。企業間でのデータ連携を強く実感し、2018年4月より現職。

無料
事前登録受付終了
※直接会場にお越し下さい。当日空席があればご案内致します。


A-5
13:50
|
14:35

Avaya OneCloud CCaaSのご紹介
〜パブリッククラウドでアバイアが提供する全く新しいサービス〜

 

日本アバイア
エンゲージメント ソリューション セールス
シニア ソリューション スペシャリスト
井出 透 氏


Avaya OneCloud CCaaSはパブリッククラウド上でアバイアが提供する、全く新しいコンタクトセンターサービスです。
小規模でも、デジタルチャネルだけでも、低価格ですぐに始めることができるAvaya OneCloud CCaaSはアバイアがこれまで培ってきたコンタクトセンターにおける経験と技術を活かした音声、ビデオ、チャット、メッセージングなどすべてのコンタクトセンターのタッチポイントでエフォートレスなカスタマーエクスペリエンスを提供し、企業、従業員、インサイト、プロセスを連携してパフォーマンスを最大化します。
 シンプルな構成で素早く導入可能、コスト効果に優れた新しいコンタクトセンターサービスをデモを交えてご紹介します。

 

[講師プロフィール]

1994年より日本IBMにてCC/CRM ビジネスの立上げに参画、
主に製造業・流通業・通信業のお客様へソリューションの提案・構築を実施。
その後同社にてアウトソーシングやインフラサービスのソリューション営業を経て、2021年より日本アバイアにてソリューションスペシャリストとして活動中。

無料
事前登録受付終了
※直接会場にお越し下さい。当日空席があればご案内致します。


A-6
14:55
|
15:40

よりよい顧客体験のため、コンタクトセンターからDXを実現
~LINE連携、応対の自動化、データ統合の具体例のご紹介~

 

OKI
ソリューションシステム事業本部IoTプラットフォーム事業部
コンタクトセンターシステム部 部長
大島 浩 氏

 

OKIソフトウェア
DXビジネス推進本部 新事業推進統括部
プロモーションマネージャー
土田 久幸 氏


企業と顧客をつなぐ最も重要な接点であるコンタクトセンターは、新型コロナウイルスの対応のみならず多様化する顧客ニーズや、テレワークなど環境の変化にすばやく柔軟に適応しなければなりません。
デジタル化が必須となるこれからのコンタクトセンターを実現するために、多くの皆様に使われてきたOKIのコンタクトセンタソリューションをご紹介いたします。

 

[講師プロフィール:大島 浩 氏]

「CTstage」が世に出た1996年の入社以来、一貫してCTI事業に携わってきました。四半世紀を超える中で、今が一番の変革期と感じています。

 

[講師プロフィール:土田 久幸 氏]

2001年Webアプリケーションの先駆けとなった「enjoy.CRM」と共に、コールセンター・CRM事業に携わってきました。
 SE・セールス・マネージメントなどに従事した経験を活かし、現在CRMソリューションの製品企画・プロモーションに従事しています。

無料
事前登録受付終了
※直接会場にお越し下さい。当日空席があればご案内致します。


A-7
16:00
|
16:45

現場課題解決型のコンタクトセンターDX
~AHT71%削減・応対件数5.4倍を成し遂げた業務の自動化~

 

SCSKサービスウェア
第四事業本部 関西営業部
副部長
嵐 祐治 氏


コンタクトセンターの現場には、今も様々な「手作業」が残っています。それは属人化やミスを生み、またお客様への手当や回答が遅れることによって、良い顧客体験を阻害します。
コンタクトセンターのDXは、ITソリューションありきではありません。現場にある課題を確実に摘み取り、複数のITソリューションに知恵と工夫を加えることで、はじめて実現できるのです。本講演では現場課題解決型のコンタクトセンターDX事例をご紹介します。

 

[講師プロフィール]

コンタクトセンターの現場で、オペレーター、スーパーバイザー、マネージャーを歴任。現場を知る営業として、主に関西圏の企業向けに顧客接点領域で様々な提案を担当する。数百席規模コンタクトセンターへの統合CRM導入提案や、オムニチャネルを駆使した8言語対応のコンタクトセンター運用提案など、様々な実績や事例をベースに、コンタクトセンターのDXに挑む。

無料
事前登録受付終了
※直接会場にお越し下さい。当日空席があればご案内致します。


6月24日(金)
A-11
10:30
|
11:15

顧客体験を最大化する攻めの次世代コンタクトセンター実現に必要なこと

 

トレジャーデータ
マーケティング
マネージャー
小林 広紀 氏


多様化する顧客ニーズ、複雑化するチャネルを背景に、企業は、電話・チャットからWebやアプリに至るまで、様々な顧客接点を包括的に管理し、顧客体験の向上を図る組織として、コンタクトセンターを変革することが求められています。「Treasure  Data  CDP  for Contact  Center」は、戦略的にコンタクトセンターやコールセンターを運営し、DXを目指す組織向けに開発されました。次世代コンタクトセンターにCDPがなぜ必要なのか、わかりやすくご紹介します。
 

[講師プロフィール]

1999年、常陽銀行に入行し法人営業に従事。その後、スノーボードメーカー、Gentemstickの経営に株主として参画する。2008年よりビックカメラ経営企画部で計数管理業務や子会社設立に参画したのち、楽天にてECコンサルタントを経て、2016年にビックカメラに復籍。ビックカメラと東芝の合弁会社代表兼アップルソリューション事業部長を務める。企業間でのデータ連携を強く実感し、2018年4月より現職。

無料
事前登録受付終了
※直接会場にお越し下さい。当日空席があればご案内致します。


A-12
11:35
|
12:20

顧客接点の高度化を支援するCXサービス群「altcircle」より、おススメITの選び方/使い方をご紹介

 

SCSK
ビジネスデザイングループ CXセンター
担当部長
稲田 徹 氏


「altcircle」はお客様との顧客接点を高度化するためのSCSKが提唱するCXサービス群です。本日はその中から「導入しやすくて使いやすい音声認識&電話基盤クラウドサービス」、「コンタクトセンターでの利活用にフォーカスしたテキスト分析ツール」、「webサポートKARTEとコンタクトセンターシステムとの連携価値とWEB-UXの改善」、「FAQメンテナンス劇的効率化手法」など、選び方だけでなく使い方も含めて解説いたします。

 

[講師プロフィール]

1980年代後半より、人工知能(自然言語処理)の研究開発に従事。某大手センターでの音声認識活用プロジェクトへの参画をきっかけに、多数の企業への音声認識の導入を手掛ける。
システムが実現できること、コールセンターでの運用改善のバランスを考えたDX視点での提案を得意とし、過去、コンタクトセンターアワードも受賞。傍ら、音声認識テキストの特性に合わせたテキスト分析システム(VOiC Finder)、オリジナルチャットボット(PrimeAgent)も開発。

無料
事前登録受付終了
※直接会場にお越し下さい。当日空席があればご案内致します。


A-13
12:45
|
13:30

教育レベルの高いセンターが実践する「高効率リモート研修」とは
〜研修担当者の負荷削減、スタッフの理解度向上の方法〜

 

リンク
取締役 BIZTEL事業部長
坂元 剛 氏

 

ブライシス
セールス・サポート部
塚本 恵 氏


トピック
●全国のセンターへの調査で分かった「スタッフ育成問題」
●教育の効率化を阻む、コールセンター特有の「7つの課題」
●実施企業が急増する「動画研修」のメリットと、一番簡単な作成法
●教育レベルの高いセンターが意識する、リモート研修「2つのコツ」
●「年間 51営業日分」の工数削減に成功したセルフトレーニング化の実態
●スタッフを自発的な成長に導く「マイクロトレーニング」
●教育のためのクラウドサービス「BIZTEL shouin」とは

※上記の内容から一部変更する場合があります。

 

[講師プロフィール:坂元 剛 氏]

インターネットシステムに関する開発業務からキャリアをスタート。監視システムや多数のウェブシステム等の構築の知見を活かして、今まで誰もトライしてこなかったPBXをインターネットサーバに載せるというBIZTELサービスを立ち上げ。データ通信および音声通信のソリューション提供まで幅広い経験を元にBIZTELの成長を支える。

 

[講師プロフィール:塚本 恵 氏]

コールセンターオペレーター歴16年。通販や相談窓口、IT系のカスタマーサポート業務を経験、得意技はクレーム対応。
その後、建設業界向けソフトウェアの営業チームリーダーを経て、現在は『BIZTEL shouin』の営業担当として、コールセンター業界の教育課題の解決に従事している。

無料
事前登録受付終了
※直接会場にお越し下さい。当日空席があればご案内致します。


A-14
13:50
|
14:35

CRMとチャットコミュニケーション、LINE活用で広がるリピート通販のコミュニケーションとは。
〜nijito様運用事例のご紹介〜

 

アルファコム
執行役員
垣内 隆志 氏

 

nijito
カスタマーシップ部
古賀 光 氏

 

情報工房
ビジネスコンサルティング部門
執行役員
市木 円 氏


イーコマースフェア2022にて好評だったセミナーを最新の結果にアップデート!
コロナ禍で売上予測の下方修正を余儀なくされる中、マーケティング部門とコンタクトセンターがタッグを組んで行なったCRM施策で予測よりも売上を向上させた企業があります。
MAツールなどを駆使したCRM施策と、コンタクトセンターでのLINEやWEBでのチャットを活用した、定期顧客のフォロー施策を中心に、どのように新規のお客様とのエンゲージメントを深め、ファン作りをし、売上に繋げるのかという事例をご紹介いたします。

無料
事前登録受付終了
※直接会場にお越し下さい。当日空席があればご案内致します。


A-15
14:55
|
15:40

DX推進の鍵は顧客体験(CX)向上と対応業務効率化
~ボイスボットとチャットによる顧客対応の自動化事例~

 

モビルス
代表取締役社長
石井 智宏 氏


採用難による人材不足や、コロナ禍のような社会変化への対応に備えて企業はDXを進め、さまざまな業務効率化に取り組んでいます。効率化にはデジタル化や自動化がとても重要ですが、お客さまの要望や慣習もあり、サポートなどの顧客対応領域ではDX推進が遅れがちです。
電話対応の業務負荷や、郵送や電話とWEBなどに分散している手続き対応などの課題にどう対処していくのか、300社以上の導入実績から実例を交え解説していきます。

 

[講師プロフィール]

ソニー株式会社にて11年間ラテンアメリカにおけるセールスマーケティングに従事し5カ国のエスカレーションコールを受け取る電話セールスセンターの構築を担当。その後、国内投資ファンドでコールセンターシステムの導入・運営を担当。2014年モビルス株式会社に参画、代表取締役社長に就任。近年では Mobilus SupportTech Lab を立ち上げ、サポート領域の課題解決をテーマにセミナーの主催・登壇などをしている。

無料
事前登録受付終了
※直接会場にお越し下さい。当日空席があればご案内致します。


A-16
16:00
|
16:45

DX実現のカギとなる体験価値とは?〜サービスを「次の世界へ。」

 

セールスフォース・ジャパン
クラウドセールス統括本部 Service Cloud営業本部
Service Cloud第三営業部
担当マネージャー
木下 裕司 氏

 

セールスフォース・ジャパン
ソリューション・エンジニアリング統括本部
Cloud Specialist & Architect本部
Service Cloud Specialist
徳光 洋平 氏


消費行動が多様化した今、モノの提供から体験が重視されるようになり、企業におけるサポート、サービス業務に求められる役割が大きく変化しています。本公演では顧客中心の概念を基に設計されたクラウドプラットフォーム「Salesforce Service Cloud」で実現できる顧客の期待を上回る新しい顧客体験 (CX)、それを支える従業員体験(EX)についてデモンストレーションを交え分かりやすくご紹介します。

 

[講師プロフィール:木下 裕司 氏]

大手通信会社のクラウド事業のコンサルティング・製品営業を経て2019年3月にセールスフォース・ドットコム(現セールスフォース・ジャパン)に入社。Service Cloud営業担当としてエンタープライズ領域の大手製造業やサービス事業者のカスタマーサービス・フィールドサービス業務などの改革を支援。

 

[講師プロフィール:徳光 洋平 氏]

独立系システムインテグレーターにて、コンタクトセンター向け製品のエンジニアとして、設計や導入、保守に従事。その後、同製品の営業推進を経た後、プリセールスとして提案活動に従事。
2019年10月、セールスフォース・ドットコム(現セールスフォース・ジャパン)に入社。Service Cloudおよび、Salesforce Field Serviceの製品SEとして、金融や公共のテリトリーを担当。

無料
事前登録受付終了
※直接会場にお越し下さい。当日空席があればご案内致します。


Loading...