第19回 コールセンター/CRM デモ&コンファレンス 2019 in 東京 | 国内最大のコールセンター・CRM業界の一大イベント | 会場:サンシャインシティ・文化会館

本画面はGoogle Chromeでの閲覧を推奨しております。
【セミナー申込方法】

ご希望のセミナーの「□受講する」にチェックした後、「チェックしたセミナーを申込む」をクリックしてください。
一度に複数のセミナー申込みが可能です。画面左側の一覧より、各カテゴリーごとにご覧いただけます。

事前登録終了のセミナーに関しましても、お席に余裕がある限り当日でも受講が可能です。
受講の可否につきましては、セミナー開始時刻約10分前に各セミナー会場にてご確認ください。

実践研修講座

会場: サンシャインシティ文化会館7F

※事前登録制
●申込後の流れ
   催行人員を満たし、催行が決定した時点で請求書と受講券をご郵送いたします。
   最少催行人員に満たない場合は、不催行になる場合がございます。
   不催行の場合は、研修の10日前までにご連絡をさせていただきます。ただし催行決定後にキャンセルが多数発生した場
   合、不催行になることがありますので、予めご了承ください。
●取消手数料
   現下の新型コロナウイルス感染症の状況に鑑み、「10月27日(水)」までは無料で承ります。
   以降は、全額の取消手数料を頂戴いたします。尚、返金に際しての振込手数料はお客様負担となります。ただし不催行
   になった場合は、取消手数料は発生せず、入金済みの金額はご返金(振込手数料は事務局負担)いたします。
●受講料
   すべて税込表記となっております。
●キャンセル待ち
   「満席」の講座をご希望の際はキャンセル待ちを承ります。
   コールセンターデモ運営事務局(Email : visitor@callcenter-japan.com)まで、お問い合わせください。
●請求書発行元
   請求書は、インフォーマ マーケッツ ジャパン(株)より発行いたします。
実践研修講座
11月9日(火)
J-01
10:00
|
17:00

戦略的コンタクトセンター経営塾

~次世代マネジメント手法を学ぶ~

 

イー・パートナーズ

谷口 修 氏


 

社内各部門との協調体制を整え、貢献価値を最大化するこれからの時代のセンター運営手法の要諦と知識、応用する方法を速習します。
(1)コールセンターの進化の方向
(2)従来のパフォーマンス管理手法を超える手法
(3)コールセンターのポジショニングを再考する
(4)顧客主導の時代のあるべきセンター運営
(5)価値基準に基づく運営への変革手法 

 

【対 象】CC管掌役員、センター長、経営企画責任者、マーケティング責任者、

     経理財務担当者

 

【レベル】上級

 

【特 典】著書「コールセンターの経営学」

 

【講座詳細】https://callcenter-japan.com/campus/3622.html

50,600 円(税込)

受講する
J-02
10:00
|
17:00

はじめてのセンター長~人/データ/リスクの管理

 

カルディアクロス

和泉 祐子 氏


 

コールセンターが適正コストで最大の効果をあげるためには、何をすべきなのか?センター長に必須のマネジメント16項目を、一つずつわかりやすく解説します。

(1)センター運営理念とセンター長のミッション
(2)オペレーション基盤の整備
(3)強固な組織づくりと安定した人財育成
(4)付加価値創造とリスク管理
(5)目に見える将来予測(売上、接続、効率、品質、教育、定着)
 

【対 象】センター長、マネージャー

 

【レベル】初級

 

【特 典】16項目の達成度診断シート

 

【講座詳細】https://callcenter-japan.com/campus/3980.html

38,500 円(税込)

受講する
J-03
10:00
|
17:00

KPIの実践的活用講座~改善プロセスからROI算出まで~

 

さつきソリューション

五月女 尚 氏


 

KPIの実践的な活用法として、「離職率改善における離職ロスコスト算出法」「応答率改善による最適化手法」「効果的なAHT削減手法」などKPI改善プロセスを実際の改善事例を通して習得していきます。
(1)コンタクトセンターのKPIの種類、定義、意義とその活用法について
(2)離職率改善、応答率改善、AHT削減などPDCAやシックスシグマ手法を活用した効果的な改善方法
(4)ROI(投資対効果)を訴求する効果的な活用法
(5)センターの稼働管理に必要なレポートの理解を深める演習
(6)【グループワーク】コストの最適化、離職率改善、応答率改善、AHT削減を達成するためのPDCAの回し方
(7)総合理解度テスト

 

【対 象】SV、マネージャー、センター長

 

【レベル】中級

 

【特 典】簡易アーランC計算ツール、研修で使用する効果的なレポートテンプレート、

     事後オンライン無料相談会(1時間)

 

【講座詳細】https://callcenter-japan.com/campus/3068.html

38,500 円(税込)

受講する
J-04
10:00
|
17:00

チャット窓口の業務設計講座

 

プライズ

内田 孝輔 氏


 

有人チャットおよびチャットボット活用の導入プロセスを実践的に学びます。

(1)チャットと他の顧客接点との違い
(2)計画(現状分析と導入効果のシミュレーション、KPI設定)
(3)設計(カスタマージャーニーの作成、初回ヒアリングフロー、業務設計、他部門との連携)
(4)実装(ツールの持つ機能と選定のポイント、結果計測のための準備、テスト)
(5)改善(分析、再設計)
(6)AI活用の可能性

 

【対 象】センター長、マネージャー、シニアSV

 

【レベル】中級

 

【講座詳細】https://callcenter-japan.com/campus/3620.html

50,600 円(税込)

受講する
J-05
10:00
|
17:00

スクリプト作成講座~ロジカルライティング技術の手法を学ぶ

 

インサイト

大西 美佳 氏


 

ロジカルライティングスキルを学びます。スクリプト作成をはじめ、チャットボットの構築、メール/チャットの品質管理など、さまざまなコールセンター業務に応用できます。

(1)ロジカル(論理的)とは?
(2)文章の傾向と原因分析、対策
(3)ロジカルライティング実践
(4)ロジカルライティングスキル教育

 

【対 象】SV、チームリーダー

 

【レベル】中級

 

【特 典】事後課題によるロジカルライティングスキルチェック添削

 

【講座詳細】https://callcenter-japan.com/campus/1322.html

38,500 円(税込)

受講する
J-06
10:00
|
17:00

SV育成講座・基礎編

 

CCカレッジ

河合 晴代 氏


 

どのようにコミュニケータと接すれば信頼につながるのか、モチベーションを下げずに育成できるのか、具体的な事例をもとに学びます。KPI管理では応答率を例に取り、改善策(打ち手)を考えます。

(1)スーパーバイザー(SV)という仕事
(2)コミュニケータとの信頼関係を築く~定着率の向上
(3)SVの二大基本業務~KPI管理とコミュニケータの育成
(4)マネージメントサイドに立つ
 

【対 象】新人SV(経験3年以内)、SV候補の方、SV育成担当者


【レベル】初級


【特 典】先輩SVが語る「新人SVが必ず通る道~友人コミュニケータへの接し方、

     先輩コミュニケータへの指導の仕方」


【講座詳細】https://callcenter-japan.com/campus/419.html

38,500 円(税込)

受講する
11月10日(水)
J-07
10:00
|
17:00

コールセンター運営の基本知識とマネジメント入門講座

 

さつきソリューション

五月女 尚 氏


 

コンタクトセンターを管理・運営する上で必須の知識・スキル(専門用語の理解、最新トレンド、KPI管理、人材育成・離職防止策など)について具体事例とグループ演習を通して学びます。

(1)センター管理の勘所(役割・重要タスク)
(2)各種KPIの定義・意義、その実践演習
(3)最新トレンド:チャットサポート、CX、AIの現在地など
(4)HRM:採用・配置・教育・特に離職防止の深掘り
(5)総合理解度テスト(自己採点のみ・点数非公開)
 ※電卓をご持参下さい。

 

【対 象】センター長、マネージャー


【レベル】中級

 

【特 典】簡易アーランC計算ツール、研修で使用する効果的なレポートテンプレート


【講座詳細】https://callcenter-japan.com/campus/1326.html

38,500 円(税込)

受講する
J-08
10:00
|
17:00

クレーム組織対応講座~過熱する異常クレームからセンターを守る

 

情熱プロデュース

藤木 健 氏


 

クレーム対応はオペレータの個人スキルに依存すべきものではありません。なかには不当または悪質な要求も存在し、解決には、個人の応対力ではなく、組織としての応対力が必要です。

(1)近年のクレーム増加について
(2)こじれたクレームの対応方法
(3)悪意のクレーム対応
(4)特殊クレーム対応
(5)CS(顧客満足)モードからRM(リスクマネジメントモード)への切り替え
(6)クレームの組織対応
 

【対 象】センター長、マネージャー、シニアSV


【レベル】中級


【特 典】クレームの切り分けフロー例、悪意・特殊クレームの特徴一覧表


【講座詳細】https://callcenter-japan.com/campus/1965.html

38,500 円(税込)

受講する
J-09
10:00
|
17:00

品質向上のための“処方箋”を学ぶ モニタリング&フィードバック講座

 

インサイト

大西 美佳 氏


 

言葉遣いやマナー重視のモニタリングから脱却し、より本質的な顧客とのコミュニケーションをするためのモニタリング品質分析を、そしてそれを的確にオペレータに育成できる、一歩先を行くスキルを学べます。

(1)一歩先を行くモニタリングを実現するための「スキル」「ツール」「テクニック」
(2)育成のためのフィードバックにおける”処方箋”作り
(3)モニタリング品質分析実践

 

【対 象】SV、センター長、QA


【レベル】中級


【特 典】エモーショナルマップのフォーマットと活用ガイド


【講座詳細】https://callcenter-japan.com/campus/1801.html

38,500 円(税込)

受講する
J-10
10:00
|
17:00

SV育成講座・発展編

 

CCカレッジ

河合 晴代 氏


 

本講座では、視野を広げ、仕事に対する姿勢を捉え直し、社会人としてさらに成長するSVを育成します。SVとしてすでに十分な経験・スキルをお持ちの方で、さらに上を目指して欲しい方のためのプログラムです。

(1)これからのコンタクトセンターの管理者
(2)SV業務の生産性を上げる「タイムマネジメント」「見える化」「細分化」「ホウレンソウ」
(3)ベテランコミュニケータや新人SVの育成術
(4)自分で考えて行動する

 

【対 象】SV(経験3年以上)、次期マネージャー候補SV 、SV育成担当者、

     マネージャー


【レベル】上級


【特 典】個人面談の自己チェックシート


【講座詳細】https://callcenter-japan.com/campus/4867.html

38,500 円(税込)

受講する
J-11
10:00
|
13:00

気持ちを伝える文章構成~メール対応講座

 

ワイズアップ

浮島 由美子 氏


 

相手の気持ちがリアルタイムにわかり、自分の気持ちを声に乗せることができる電話対応に比べ、メールやSNSなどによる文章対応は、「気持ちの表現」が課題です。本講座では、「メール対応」を練習の中心に据え、文章力向上のためのヒントを伝授します。

(1)「文章力」の正体
(2)メールの特徴とルール
(3)簡潔にするためのヒント
(4)理解、納得の条件
(5)相手を動かすために「くずす」

 

【対 象】メール/SNSなど文章でカスタマーサービスをする担当者、トレーナー


【レベル】初級


【特 典】文章添削指導(1回/1名)


【講座詳細】https://callcenter-japan.com/campus/696.html

26,400 円(税込)

受講する
J-12
10:00
|
13:00

実践!使えるFAQ構築講座~設計編

 

Me-Rise

東峰 ゆか 氏


 

ナレッジの定義を明確にしたうえ、自センターのナレッジマネジメントの目的設定、課題の抽出、目指すべきものを達成するための改善策プランニングまでワークを使って実施します。

(1)ナレッジサイクルの作り方 (収集・管理)
(2)ナレッジサイクルの活かし方(他部署との連携、顧客向けサイトとの連携、AI活用) 
(3)自センターにおけるナレッジマネジメントの課題整理
(4)改善策のプランニング

 

※「J-13:実践!使えるFAQ構築講座~作成編」との通し受講で割引(計40,000円+税)となり、昼食が付きます。

 

【対 象】SV、トレーナー、QA


【レベル】初級


【特 典】無料相談1時間


【講座詳細】https://callcenter-japan.com/campus/3076.html

26,400 円(税込)

受講する
J-13
14:00
|
17:00

実践!使えるFAQ講座~作成編

 

ワイズアップ

浮島 由美子 氏


 

顧客の声を正しくつかみ取り記録に残すノウハウや、自己解決率を高めるためのFAQ、生産性を向上させる社内FAQ、新人が早く育つマニュアルの書き方を学びます。

(1)顧客期待のつかみ方
(2)活用の目的別文章デザインのコツ
(3)実践文章作成徹底演習

 

※「J-12:実践!使えるFAQ構築講座~設計編」との通し受講で割引(計40,000円+税)となり、昼食が付きます。

 

【対 象】SV、トレーナー、QA


【レベル】初級

 

【特 典】ナレッジテンプレート添削

 

【講座詳細】https://callcenter-japan.com/campus/3071.html

26,400 円(税込)

受講する
J-14
14:00
|
17:00

New! 実践!コールリーズン分析講座

 

カルディアクロス

和泉 祐子 氏


 

急速に変化する社会の中で、顧客のニーズに応え続けるためには、タイムリーなオペレーションの最適化が必要不可欠。適正コストで最大の効果をあげるために不可欠な「コールリーズン分析」について詳しく解説します。

(1)リーズン分析5つのメリット
(2)顧客の動線と視点でMECEに洗い出す
(3)AHTとの紐づけ
(4)2軸マトリックスでマッピング

 

【対 象】センター長、マネージャー、シニアSV、ビジネスアナリスト


【レベル】中級


【特 典】コールリーズン分析ツール


【講座詳細】https://callcenter-japan.com/campus/5436.html

26,400 円(税込)

受講する
11月11日(木)
J-15
10:10
|
17:00

コールセンターの業務設計講座~リソースマネジメント編

 

コールセンターの教科書プロジェクト

熊澤 伸宏 氏


 

コールセンターのすべての活動の起点となる「業務量の予測と⼈員計画」について、すべての管理者に必須の知識やノウハウを学び、実践的マネジメントスキルを磨きます。
 
(1)データを収集し検証する
(2)業務量を予測する 
(3)サービスレベルや効率性の目標を設定する 
(4)インバウンド・コンタクトの要員数を算出する 
(5)戦略的なスタッフィングを策定する
(6)メール・コンタクトの要員数を算出する 
(7)ライブチャット・コンタクトの要員数を算出する 
(8)アウトバウンド・コンタクトの要員数を算出する

 

【対 象】センター長、マネージャー


【レベル】中級


【特 典】ワークフォース・マネジメント・ワークシート(全25種類)、

     受講者専用Webサイトで継続サポート


【講座詳細】https://callcenter-japan.com/campus/75.html

38,500 円(税込)

受講する
J-16
10:10
|
17:00

VOCを最大活用する! センター長のための「カスタマージャーニーマップ」講座

 

ISラボ

渡部 弘毅 氏


 

顧客ロイヤルティが高まっていくまでの一連のプロセス上での顧客の行動や体験、心理を時系列で可視化するカスタマージャーニーマップは、各プロセスの接点としてお客様対応を実施しVOCを把握しているコンタクトセンター部門こそが率先して取り組むテーマです。その作成方法と分析アプローチを学びます。

(1)ロイヤルティマネジメントとは?
(2)ロイヤルティを構造化する
(3)カスタマージャーニーマップを作成する
(4)カスタマージャーニーマップを分析する
(5)ロイヤルティマネジメントを根付かせる

 

【対 象】センター長、マネージャー


【レベル】中級


【特 典】著書「お客様の心をつかむ 心理ロイヤルティマーケティング」


【講座詳細】https://callcenter-japan.com/campus/4207.html

38,500 円(税込)

受講する
J-17
10:10
|
17:00

できオペレータに変える!SVのための面談力向上講座

 

情熱プロデュース

藤木 健 氏


 

仕事の三要素から育成の方向性を特定し、オペレータを3軸で分類したうえ、タイプにあわせたアプローチでオペレータの意識や行動を変えるトレーニング法を解説します。やる気がない、同じミスを繰り返す、注意すると逆ギレする――そんなオペレータの育成方法を伝授します!

(1)指導の方向性を見極める
(2)3軸8タイプでオペレータを分類する
(3)ケース別改善処方
(4)フィードバック5つのチェックポイント
(5)タイプ別、シチュエーション別フィードバック

 

【対 象】SV、トレーナー、マネージャー


【レベル】中級


【特 典】

・マイナスをプラスに言い換える、リフレーミング集

・実践フィードバック録音 講師が手本を見せるフィードバックのロールプレイングを録音できます。 ※ICレコーダーをお持ちください。


【講座詳細】https://callcenter-japan.com/campus/4208.html

38,500 円(税込)

受講する
J-18
10:10
|
17:00

SV育成講座・実践編

 

クリエイトキャリア

寺下 薫 氏


 

経験1年以上のSVを対象とし、KPIや人材育成などSVに必要なスキルを磨く内容です。グループワークやディスカッションを多数採り入れ、SV同士の意見交換からも多くを学べます。

(1)SVが身につけるべきスキル
(2)チームビルディング
(3)人員管理
(4)オペレーション管理
(5)人材育成
(6)経営貢献
 

【対 象】SV(経験1年以上)、SV育成トレーナー、マネージャー


【レベル】中級


【特 典】問題解決のポイント集


【講座詳細】https://callcenter-japan.com/campus/2297.html

44,000 円(税込)

受講する
J-19
10:10
|
13:00

品質管理講座~メール/チャット編

 

インサイト

大西 美佳 氏


 

企業の顧客接点としてメールやチャットといったノンボイスコミュニケーションは定着しつつありますが、標準や基準を定義して管理できているコンタクトセンターはあまり多くありません。本講座ではゴールや評価方法などノンボイスコミュニケーションにおける品質管理のポイントを解説します。

(1)ノンボイス対応における位置づけの明確化とゴール設定
(2)CX観点での指標づくりと応対におけるKPI設定
(3)顧客からの文章をしっかりと読み込む傾聴ならぬ「傾読(ケイドク)」方法
(4)品質管理シートのフォーマット解説とスコアリング

 

【対 象】SV、トレーナー、QA


【レベル】中級


【特 典】ノンボイス対応の品質管理シートのフォーマット


【講座詳細】https://callcenter-japan.com/campus/3757.html

26,400 円(税込)

受講する
J-20
10:10
|
13:00

「ソーシャルスタイル理論」から学ぶ顧客タイプ別コミュニケーション講座

 

クウォーターワン

窪田 尚子 氏


 

ソーシャルスタイル理論とは、行動パターンや志向性から人を4タイプに分類し、それぞれ受け入れやすい対話法があるとするコミュニケーション理論です。タイプの特徴を理解し、各タイプに合った効果的なコミュニケーション力を習得します。

(1) お客様を4タイプに分ける考え方
(2)4タイプ別コミュニケーション
(3)タイプを見極めて、お客様に合わせた応対を実践する

 

【対 象】オペレータ、トレーナー、QA、SV


【レベル】初級


【特 典】タイプ判定シート


【講座詳細】https://callcenter-japan.com/campus/2177.html

26,400 円(税込)

受講する
J-21
14:00
|
17:00

ナレッジマネジメント講座~エフォートレス化のためのFAQの作り方

 

パーソルワークスデザイン

吉田 純一郎 氏


 

本講座では、ボイスボットや新人フォローのためのナレッジシステムなどの運用に欠かせないナレッジマネジメントについて具体的に解説します。

(1)廃れて失敗するナレッジマネジメントのパターン
(2)海外の賢人たちが成功させてきたナレッジマネジメント
(3)ナレッジマネジメントがDXを加速させる理屈
 

【対 象】センター長、マネージャー、SV


【レベル】中級


【特 典】「ナレッジマネジメント虎の巻」小冊子プレゼント


【講座詳細】https://callcenter-japan.com/campus/5363.html

27,500 円(税込)

受講する
J-22
14:00
|
17:00

ボイストレーニング実践講座~聞き取りやすく喉を傷めない発声法

 

エデュビジョン

秋竹 朋子 氏


 

電話応対は声が命。4万人の声を変えた、絶対音感を持つ講師の聴覚と技術で、その場で声を分析し、各自の「声」の特徴とトレーニング方法を学びます。誰でも好印象で信頼感のある声、聞き取りやすい声質にと変えられます。

(1)「呼吸」腹式呼吸のトレーニング
(2)声を出しやすくする「発声」のトレーニング 
(3)「共鳴」のトレーニング
(4)「滑舌」のトレーニング
(5)表現をつける 
(6)好印象になる電話応対の5つの声のテクニック

 

【対 象】トレーナー、SV、オペレータ


【レベル】初級


【特 典】・受講前、受講後の音声分析(※音源データの提供をお願いします)
     ・トレーニング動画


【講座詳細】https://callcenter-japan.com/campus/4183.html

 

39,600 円(税込)

受講する
Loading...